脳挫傷・くも膜下出血・側頭骨骨折・顔面骨骨折・失血性ショック…ところが

沖縄のくくるスタイルの平良です。 兄(当時38歳)の交通事故の体験談をお伝えさせていただきます。

(写真 : 左 お兄さまの平良兼一さん、右 妹さんの平良桂子さん)

2010年7月31日夜、飲みに行った帰りに横断歩道を横断中、タクシーに撥ねられ救急車で病院に運ばれた時は、脳挫傷・くも膜下出血・側頭骨骨折・顔面骨骨折・失血性ショック・左上腕骨骨折(粉砕骨折)前額部裂創・出血性貧血(身体の半分以上の血液が出ていました。)・気胸(ろっ骨が折れ、肺に刺さっていました。)・重度の意識障害で、医者からは、「今は非常に危険な状態が続いています。命を救うのに最善は尽くしますが、覚悟はしていてください。」と、告げられました。 面会した時は、兄とわからないほどでした。 「今後の治療方針として、血液が脳を圧迫している為、脳圧が上がっているので、頭蓋骨に穴を開けて血液を吸い取る手術が必要になります。その後、ある程度落ち着いたら、左上腕も、何回か手術が必要です。大量の輸血をしましたが、酸素不足と栄養素不足が長かった為、脳にダメージを受けるので、後遺症は残ります。回復したとしても、良くて車いすでしょう」との事でした。 次の日から、ICUに移されて、すぐに、姫路の天然水を包帯のあいている所や、手先、足先などに触れさせ、眼に姫路の天然水をたっぷり含ませたコットンパックをしました。(コットンが乾かないように、何度も足しました。)後から、かぼくエキス入りクリームと整体融合型光触媒入り化粧水も一緒に使い始めました。 ICUは、面会時間10分と決められていましたが、朝、夕(各50~80ml)1時間以上、エステをさせてもらいました。(タオル・紙おむつに生体融合型光触媒を吹きかけたものを使用しました。ここだけの話ベッドのまわりに生体融合型光触媒をスプレーしました。) 数日経つと、高かった高圧がだんだん下がり手術しなくて済みました。 ※脳挫傷という診断を取り消すと言われました?!

ICUでの使用…姫路の天然水 かぼくエキス入りクリーム 生体融合型光触媒入り化粧水 生体融合型光触媒40倍希釈液

事故から13日目で、一般病棟に移りました。 この時は、意識は戻っていましたが、頭を強打している為記憶が曖昧でした。 特に驚いたのは、毛根までえぐれていた眉毛の傷(お医者さんから傷の部分は眉毛は生えませんと言われていました)が、エステの仕上げに姫路の天然水入り美容液を塗っていたら、生えてきました。それに顔面麻痺も良くなってきました。 入院から17日目に、自力で起き上がろうとしたり、吸引していたタンも自力で少しずつ出し、事故以来初めて、声を出しました。 左腕の粉砕骨折が、18日目で新しい骨が出てきて、手術せずリハビリでくっつける事になりましたが、41日目には完治したのですが骨が捻じれた状態のままで完治してしまい、現在腕をあげにくくなっている状態です。 事故の状況を考えると首が鞭打ちでキツいのではと思い、姫路の天然水でマッサージしてみました。すると、麻痺があり全然力が入らなかった左脚が突然動き出しました。 現在は自力歩行可能です。 流動食後のお薬と水分補給のためのお水を準備して下さい。と言われ、始めはペットボトルに姫路の天然水を詰め替えて持っていきましたが、しばらくして1Lの水道水に姫路の天然水入りのドリンクを1本入れ、飲み水として飲ませる方法に切り替えました。 21日目からリハビリが始まり、姫路の天然水入りのドリンクでゼリーを作って食べさせました。

一般病棟での使用…姫路の天然水 かぼくエキス入りクリーム 生体融合型光触媒入り化粧水 生体融合型光触媒40倍希釈液 姫路の天然水入りドリンク + 与那国産サンゴの粉末 (リハビリ開始から店員までの40日間程度1日1本の3回に分けて) 姫路の天然水入りドリンクゼリー(リハビリ時に1日2回を4日程度)

9月29日に、リハビリセンターに転院 リハビリの先生が兄の状態をカルテを照らし合わせて見て、リハビリをして最低5~7年はかかる回復状態だということでした。 その後も、沖縄のビーワンの仲間や久保先生から、アドバイスをいただき、定期的に自宅のサロンで頭皮洗浄、全身エステを続けました。 現在、日常生活を送ることは体力的には支障ありませんが、高次脳機能障害・高度難聴、と診断を受けているため、社会復帰にはまだ時間がかかります。 2011年3月26日リハビリセンター退院 退院後、6月から生体融合型光触媒野菜の上地さんの畑を借りて、父と兄でリハビリを兼ねて生体融合型光触媒で野菜を育てています。上地さんの農法は、月のバイオリズムに沿って手作りのぼかしなどをつくり、生体融合型光触媒を活用した農法ですので、畑の環境・空気も非常にクリーンで安全です。より自然なストレスの少ない農業のようです。なによりも、作った野菜をビーワンの仲間が買ってくれ、つり銭の計算をするのが最高のリハビリになっています。 兄の事故で大変貴重な経験をさせていただきました。命の大切さを学ぶことができ、前にもまして家族の絆が深まりました。ビーワンの商品力(蘇生・再生・浄化)、高次元エネルギーの凄さを、実感させていただきました。皆様に心から感謝しております。ありがとうございました。 「ビーワンのおかげで、兄も元気で、毎日就労センターにお仕事に行っております(^^) 兄の体験談が、ビーワンをお伝えする時のお力になっていれば幸いですm(__)m ありがとうございます(^^)」 ( 2014年8月12日 くくるスタイル 平良桂子様より )

◆入院時に隣の病室に入院されていた母娘さんの体験 平良さんのお兄さんより半年先に、運動神経を司る小脳の血管が破裂して植物人間状態で入院されていた19歳の娘さんと付き添いのお母さん。 平良さんがみるみる回復する様子を見ていらっしゃったそのお母様、平良さんがお兄さんにマッサージしていると勘違いされ、売店で買ったベビーローションでマッサージをしようとされていたため、見るに見かねてつる首スポイトに30ccほど残っていた姫路の天然水を差し上げてつけてあげたそうです。 右腕につけたら、動かないはずの右腕がぶあ~と上に上がり、みんなビックリ!! 続いて左腕につけたら、左上もぶあ~と上に!! それから使い始めてくださったそうです。 すると、1週間で意識が戻ったそうです!! 今は、植物状態だった娘さん、退院して車いすではありますが、普通に生活されているそうです。奇跡ですね☆